きたベジねっと
障がい者、農家、地域社会が楽しく共生できる 福祉のまちづくり

各事業所の取組み

社会福祉法人上野丘さつき会 上野更生寮

社会福祉法人上野丘さつき会 上野更生寮

代表者名 井上勝彦 担当者名 百済宣昭 影松百合子
所属部会 生産部会 加工部会

●取り組んだ具体的な内容
 ①農耕班と加工班の分担
  これまで農耕班だけで、生産、出荷準備、配送までを行っていたが、
  収穫以降の作業を行う加工班を分離した。
 ②ネットワークへの参加
  生産部会と加工部会に参加した。
 ③販路の拡大
  ネットワークの直売所への出荷やイベントへの出張販売を行った。
 ④加工品の開発

●得られた成果(達成できたこと、判明した課題、など)
 ①作業を分担して行うことにより、それぞれの作業に集中でき、
  効率もアップした。
 ②各施設の支援員は、日常の作業指導に追われるが、
  同じ作業科目を行っている他の施設の支援員と情報交換や
  話し合いを持つことにより、視野が広がったり、作業の改善、
  向上につながった。
 ③直売所への出荷やイベントへの出張販売に取り組むことにより、
  販路が拡大したことと、消費者のニーズを把握しやすくなり、
  作付け計画の参考になった。

●今後の計画、展望
 ①加工品の開発
  乾燥器を取り入れ、乾し椎茸、切り干し大根以外も開発したい。
 ②ハウスを利用
  ハウスを使い2〜5月の商品の少ない時期に対応できる様に考える。
 ③作付けの工夫
  息の長い大根や水菜の作付け面積を増やし、
  商品の少ない時期に出荷できる様にしたい。
data data data data data